終身保険

| コメント(0)

「終身保険」とは、
貯蓄型保険に分類されます。

この保険は被保険者が、
死亡したか、高度障害状態になった場合に、
保険受取人となった「遺族」に死亡保険金が支払われる保険です。
保険期間は解約しない限り一生涯です。

ここまで聞くと、
あくまで自分の将来に向けた貯蓄ではなく、
自分が居なくなった時、残された遺族のための貯蓄のように感じます。
もちろん、それもとても大切なことですが、
現在、独身だったりすると、なかなか想像がつきませんし、
必要性が分かりづらいと思います。

では、終身保険とは、
本当に遺族のためだけに残しておく貯蓄なのでしょうか?

ここからは解約時の、
「解約返戻金」がネックになってきます。

先程、被保険者が、
死亡したか、高度障害状態になった時に...
と言いましたが、保険が必要なくなり、解約した場合は別です。
解約時、払込が完了しているか、払込途中かで、
条件は大きく変わりますが、完了している場合、
払込んだ保険料より多い金額が解約返戻金として戻ってきます。
それを資金として、老後の生活に充てたり、
子どもの学費に充てることも可能なので、
「貯蓄型」と呼ばれているのです。

ただ、保険料よりも多く返ってくるというのは、
払込みが完了している場合であって、
途中解約の場合は支払った分より少なくなることのほうが、
断然、多いです。

これだけは忘れないようにしておきましょう。